ワンちゃんのごはんタイム♪

人気のペット

「ドッグフード」の種類や選び方


ワンちゃんが生きるために必要なお食事…「ドッグフード」

主食として与えるフードの種類

ドッグフードは「総合栄養食」「間食」「療法食」「その他の目的食で分類されます。

総合栄養食・・・ドッグフードと水だけで必要な栄養基準を十分に満たせるドッグフード。

間食・・・おやつ、ごほうびなどで与えるフード。

療法食・・・体型や病気などのペットに対し、栄養成分の量や比率が調節され、治療を補助する目的で使用されるフードのこと。

その他の目的食・・・特定の栄養素やエネルギー補給のためのペットフードです。おかず、ふりかけや、特定の栄養の調整・カロリーの補給(サプリメントなど)

フードの固さや水分など

ドライ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリカリタイプの粒状のものが多く製品水分10%程度以下のフードで、動物性食品と植物性食品をバランスよく配合し、固めて乾燥させているため常温保管ができ値段もお手頃です。開封後の賞味期限が長いため、新鮮さを失いにくく安心して食べることができます。

セミモイスト、ソフトドライ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品水分25~35%程度のフードでしっとりさを保つために湿潤調整剤を使用しています。小分けにされているものが多く、柔らかくしっとりしているので食べやすい食感になってます!ソフトドライのドッグフードは柔らかく、歯に付きやすいのでしっかり歯磨きしてあげてください。

ウェット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品水分75%程度と水分量は高めなので、水分摂取を促す手段としても適してます。
開封後は品質変化が早いため、常温保管ではなく冷蔵庫などの温度が低い場所で保管するように!スプーンで切れるくらい柔らかいので噛む力が弱い子犬などにおすすめです。

また、ドッグフードにはワンちゃんの成長状態などに合わせた選び方も重要す。

「成長の状態に合わせたドッグフード」の選び方

ワンちゃんには大きく分けて子犬期、成犬期、老犬期の3つに分かれています。そのため成長状態に合わせてドッグフードを選ぶことが重要です。

子犬期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子犬期は体が作られる大事な時期なので、成長に必要なエネルギーになるドッグフードを選び、筋肉や骨を形成するためのタンパク質も積極的に摂取することが理想です。魚や肉がメインのドッグフードにはタンパク質が豊富に含まれているのでオススメです!また子犬に安全なものを与えたいのであれば、不要な添加物(保存料や着色料)が使われているものは避けましょう。

成犬期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成犬期は子犬用フードから適切な時期に切り替えることが大事です。成長が止まった後にも子犬用の餌を与えてしまうとカロリーオーバーで肥満になってしまいます。なので成長が止まったら子犬用フードから成犬用フードに切り替えましょう。

シニア期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シニア期に入ると寝ている時間が多くなり、成犬期よりも運動量などが落ちるためカロリー高めの食事を続けるとあっという間に肥満になってしまいます。なのでできるだけ脂質やカロリーが高すぎず、消化にやさしい食事に切り替えることが大切です。ワンちゃんが元気でいるためにはタンパク質をしっかりと摂取することが大切になってくるので脂肪分の少ない肉や魚が多めに使われていて、酵素や乳酸菌などが含まれているドッグフードを選ぶのをオススメします。

また、シニア犬にはこういった健康状態に合わせたフードがあります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

ワンちゃんがドッグフードを食べてくれない…そんなときは

ワンちゃんの大好きなものを、ほんのちょっぴり加えてみてください♪
これまで与えていたお肉などのフードを、食事の上に振りかけたりするだけで、興味を持って食べてくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでドッグフードの上に乗せてあげてみてください!

とっても可愛い「愛犬のエサ入れ」をご紹介いたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードを与えるために必要なエサ入れ

まず大事なことは2点しっかり落ち着いた安定性と、ワンちゃんの種類によって1回に食べる丁度良いドライフードが入るサイズ…その次に食べやすさといったところですね。

●そこで今回はAmazonで売られているエサ入れの紹介をします!

 

まずはこちらのエサ入れ。ステンレス製で錆びにくく、嫌な臭いも気になりません!底がゴム製になっているので、ペットがエサを食べているときに滑るのを防ぐことができて重宝しますよ。安定感のある、良く見る富士山型のエサ入れなので、どの家庭の雰囲気にも合います。自分のカオがうっすらと映ってしまうのが、ちょこっと難点かなとは思いますが、オーソドックスな形でおすすめのエサ入れです。直径が…25cm以上あるので、大きなワンちゃん向け。

 

https://www.amazon.co.jp/Amazon%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF-AmazonBasics-BXG-02-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%A3%BD-%E7%8A%AC%E7%94%A8%E9%A4%8C%E5%85%A5%E3%82%8C/dp/B01DOP5S9K/ref=sr_1_1_sspa?crid=TYO3SZGXU535&keywords=%E3%82%A8%E3%82%B5%E5%85%A5%E3%82%8C+%E7%8A%AC&qid=1645428794&sprefix=%E3%82%A8%E3%82%B5%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%80%80%2Caps%2C268&sr=8-1-spons&psc=1&spLa=ZW5jcnlwdGVkUXVhbGlmaWVyPUFYNzlUNk43MjBOTCZlbmNyeXB0ZWRJZD1BMDEwMjA5MTI4VU1OTU9LRVBFUTUmZW5jcnlwdGVkQWRJZD1BTVBaUTdGUVNVUVZWJndpZGdldE5hbWU9c3BfYXRmJmFjdGlvbj1jbGlja1JlZGlyZWN0JmRvTm90TG9nQ2xpY2s9dHJ1ZQ==

 

真ん中に足跡のある可愛らしいエサ入れです。舌にからむフードの量が減ることで早食いを防止することができるための(高さがある)足跡がデザインされています。ちなみにそれと分かるように足跡は隠れない程度でエサを入れてください。(…でも反面、ワンちゃんのストレスにはならないのかな?)この商品も裏には滑り止めが付いているので、それなりに重さもあります。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07X3ZCRR3/ref=twister_B07X53G1PN?_encoding=UTF8&psc=1

 

こぼれにくい形をしたデザインも可愛らしいエサ入れです。高さは10cmあるので、ワンちゃんの首に負担がかからずにエサを食べることができます!下を向かずに食べることが出来るということは、見逃しがちですが、結構重要なのです。フードが外にこぼれず、返ってきやすいように上の部分は丸い形状になってます。かわいいホネのイラスト付きです!!

https://onl.la/2FeWQX5

 

最後はこちら…重量もそこそこあり、ボウルと木枠は取り外しができるため、簡単にボウルを洗うことができます!陶器素材で動きづらく、安定しているのでひっくり返る心配がありません。家の中に置いていても、すっきりして見えるデザインですよ!木枠よりも若干、容器の大きさが小さいので、ガツガツ食べても左右にスライドして動く余裕があるため、ストレスも緩和できます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0946RGBYJ?ref=myi_title_dp&th=1

 

タイトルとURLをコピーしました